意外と楽しい社員旅行

私が入社する随分前には、社員旅行が大々的に行われていたそうです。全国の社員が一同に集まり、チャーターバスに分乗して温泉旅館やリゾートホテルに宿泊した話を聞きました。私が入社したころは、そのような行事はなくなっていて、福利厚生は各個人の権利として行使されていました。そうは言ってもまだ昔の名残があって、支店や部署でまとまって一泊旅行に行ったこともあります。個人あての福利厚生を、社員旅行用として使い、安く宿泊したのでした。正直に言うと、プライベートな時間にわざわざ会社の人たちと泊りに行きたくない!という気持ちが強かったのですが、イヤイヤながらも行ってみると、意外と楽しいのでした。オフィスでは見れない和やかな姿が見れたり、普段はゆっくり話せない人と趣味が一致しているのが判明したり、良い思い出ができました。今ではすっかりそんな行事はありません。気遣いしなくて良いのでホッとしていますが、少々寂しい気もします。

社員旅行は観光バスを使う

会社の積み立てなどで行く社員旅行というのは最近また復活しているようで、不景気である時代なのでなるべく費用を安く抑えながら行くことが多くなっています。そこで旅行の費用を安くするためにはバスを交通手段に使うのがよく、観光バスを団体で利用することでかなり格安で旅行に行くことができるのです。今の観光バスというのは小さなマイクロバスのようなサイズから、40人くらいを乗せるような一般的なサイズのバスというのが良く使われているようです。社員旅行であれば小規模な会社でも10人以上はいるようになるので、それだけの人数がいれば観光バスを手配することができるのです。その際には観光バスを運転する運転手やバスガイドというのも依頼でき、観光地や旅行先の宿まで観光バスで旅行に行けるので楽で便利であるのもメリットになります。

社員旅行の有効活用について

社員旅行の有効活用について説明いたします。社員旅行とは、会社内の特定の部署やグループ、規模が小さい会社では全社員を対象に、社内のコミュニケーションを深めるために企画される旅行です。旅行を企画できる立場の者として、旅行会社にツアーのプランを組んでもらうように依頼することになりますが、複数のツアープランを提案される場合などは、どちらが良いのか判断がつきにくいことがあります。旅行人数によっては、企画者だけで下見のツアーを開催してくれる旅行会社もあるため、基本的に営業経費で落とすため、無料で下見をすることが出来る場合があります。このような機会を利用して、複数の下見ツアーに無料で参加できるというメリットが企画者にはありますので、立候補できる立場にあれば、企画者という立場を最大限利用するのも良いでしょう。

見積もり依頼件数5万件を突破しております。当社を利用頂くことによって、複数社の旅行プランを利用できるのでお客様の状況に合った旅行を検討することにつながります。社員旅行に最適な旅行プランを複数の旅行会社の中からお選び頂けます。是非ご利用ください。限られた予算の中で、ベストなプランを企画致します。旅行プランは全てオーダーメイドでご提案します。最近の社員旅行のトレンドが分かるサイトはこちら。